ビザの申請は千葉でビザ申請を専門で行なっているamie行政書士へ

work visa in Japan, Japanese visas, status of residence, visa acquisition, renewal,
change, permanent residence application, naturalization application, tax refund etc.

知らないと損!結婚を機に千葉市へ転入する新婚夫婦を応援する新婚生活支援事業、ご存知ですか?

News

2019,08,21

こんにちは。バイリンガル行政書士の伊藤亜美です。
千葉市では結婚を機に千葉市へ引っ越してくる新婚世帯を応援する嬉しい補助金があります。結婚は何かとお金がかかりますよね。
今回はこの補助金の内容をご案内します。

千葉市結婚新生活支援事業は誰が対象になるの?

千葉市結婚新生活支援事業の受給資格

2019年1月1日~2020年2月28日までの間に婚姻届を提出し、受理された夫婦で以下の条件にあてはまると受給できます。

(1)2018年分の夫婦の合計所得が340万円未満であること
(2)婚姻届提出時に、夫婦双方の年齢が34歳以下であること
(3)入居対象となる住居が次に掲げる要件に該当すること
  ア 千葉市内にあること
  イ 新耐震基準に適合もしくは同等の耐震性能を有していること
  ウ 専有面積が、最低居住面積水準であること(2人世帯の場合30平方メートル以上)
(4)夫婦がともに千葉市に住民登録を有し、申請時に夫婦双方の住民票の住所が入居対象となる
  住居の住所となっており、かつ申請日より2年以上継続して居住すること
(5)夫婦の双方又はいずれかが、婚姻を機に千葉市外から千葉市内へ転入していること
(6)他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと
(7)過去にこの制度に基づく補助を受けていないこと
(8)市民税の滞納がないこと 
 などです。

千葉市結婚新生活支援事業は 補助の対象費用は?いくら補助してもらえるの?

2019年1月1日~2020年2月28日までに支払った住居費及び引っ越し費用が対象です。

補助対象費用(住居費、引越費用)の合計額で、給付金の上限は30万円です。

まとめ

申請の受付はすでに始まっています。2020年2月28日までが受け付け期間ですが、予算額(予定件数30件)に達した時点で申請の受付を終了するようですので、興味のある方は早めの手続きをお勧めします。

結婚新生活支援事業は千葉県の以下の自治体でも実施されています。(条件は自治体によって変わります。)

野田市、佐倉市、市原市、四街道市、山武市、いすみ市、栄町、横芝光町、長生村、白子町

 

申請するためには条件に該当することを証明するための公的な書類が必要です。原則、国際結婚の方(外国人)も対象になります。

日本語に不安がある外国人の方など、Amie国際行政書士事務所でお手伝いさせていただきますので、お問い合わせください。

*2020年度も同様の支援が行われています。詳しくはこちらへ  千葉市結婚新生活支援事業

Contact Us

ビザ申請のAmie国際行政書士への連絡方法

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

電話受付時間 平日9:00~17:00

News and Blog

More